HOME > 看板設置の失敗事例について

看板設置の失敗事例

世の中には様々な看板がありますが、その中には失敗している看板も多々見られます。
ここでは、看板設置でありがちな失敗事例をご紹介します。これから看板を製作する、看板を設置するご予定の企業様や個人事業主様は、ぜひご参考ください。

低い耐久性

屋外に看板を設置した場合、看板はどうしても紫外線を浴びることになり、天気が悪い時には風雨に晒されます。この時、耐久性が低い素材を看板に使用していると、すぐに壊れる可能性があります。耐久性が低いと壊れるたびに製作し直す必要があり、そのたびに費用も発生します。
また、製作費用を抑えたいがために壊れたままの看板を使用していると、チープな印象を与えるため売り上げや客足などに悪影響を及ぼします。

看板設置の向き

書いていることも魅力的で、デザインが目立つ看板であっても、効果を発揮しない看板があります。その原因は看板を設置する「向き」です。看板自体は人を惹きつけるものでも、通行人からは見えない、あるいは見えにくい向きに看板を設置したため効果が出ないのです。

また自動車やバイクに乗っている人に対しての広告看板にも関わらず、道路に対して平行に設置されている看板も多々あります。道路に平行に設置してしまうと、自動車やバイクの速度では内容を理解するのはとても難しいです。

同業者もしているから

看板を設置する際「同業者もしているから、ウチも参考にしている」と、同業者と同じように設置するパターンも見られます。しかし、その設置方法で同業者が失敗している場合、皆さんも同様の会社・店舗と思われる可能性が少なからずあります。

仮に同業者がチェーン店の場合、自社店舗名は認知されない可能性もあります。
「同業者も行っているから」と同じように看板を設置するのは、余り良い方法とは言い難いです。
看板を設置する際にはこのような失敗がないように、様々な視点で考えて設置することがポイントになります。

大阪市にある当社では、インクジェット出力や手書きによる看板の製作・施工を行っています。
大型看板印刷にも対応していますので、大阪市内やその周辺地域での看板製作・施工は当社にお任せください。お見積りなどのご質問・ご相談も、お気軽にご連絡ください。

インクジェット出力のプロフェッショナル POP-TSUJIMOTO[ピーオーピー辻本]お気軽にお問い合わせ下さい! TEL06-6644-3773
お問い合わせ無料お見積り

ddd


POP辻本のサービス大型インクジェット出力大型看板を作る商施設環境を作る手書き看板ラミネート加工カッティングシート
設備について技術について看板の種類についてメディアの種類についてインクの種類について
ご注文の流れデータ入稿Q&A会社情報無料お見積りお問い合わせリンクについてプライバシーポリシーサイトマップHOME

インクジェット出力のプロフェッショナル ピーオーピー辻本
〒557-0022 大阪市西成区中開1-3-32 Tel . 06-6644-3773  Fax 06-6644-3734
Url http://www.pop-t.com/ E-mail info@pop-t.com

Copyright (c) 2005 pop-tsujimoto co.,ltd. All rights reserved.