HOME > 光と色の三原色について

光と色の三原色について

最近では、印刷技術の発展からインクジェット出力で大型広告や看板を制作することができるようになりました。大型広告や看板ではカラー印刷をすることが多いですが、色の仕組みについてご存知ですか。こちらでは、光と色の三原色についてご説明しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

光の三原色とは

光の三原色は赤(R)・緑(G)・青(B)の3色で、この世に存在するほとんどの色をこの3つで作り出すことができます。パソコンや携帯電話のディスプレイにもこの3色が使われており、明るさを変化させることで色を作っています。これらは混ぜれば混ぜるほど明るい色となっていくことから、「加法混色」と言われています。

色の三原色とは

印刷物や絵の具などの目に見える色は、光の三原色とは違う色で作られています。
それが、青緑(C)・赤紫(M)・黄(Y)です。全て混ぜるとだんだん暗くなることから、「減法混色」と言われています。しかし、実際の印刷では3つ全てを混ぜても黒になることはありません。
そのため、印刷ではこの3色と一緒に黒(K)のインクも使用します。

カラーベースが異なる

光と色の三原色では、再現できるカラーベースが異なります。カラーベースが異なると、RGBで作成したデータをそのままCMYKの色で印刷をしても、再現できない色が別の色に置き換えられ、全体的にくすんだ色になってしまいます。そのため、当社に依頼される際にはカラーで出力されるデータは必ずCMYKをご利用ください。また、モノクロで出力される場合には、グレースケールをご利用ください。

大阪にある当社では、大型インクジェット出力を用いて大型広告や看板の制作を行っております。
短期間納期を重大なサービスの一環と考えておりますので、急ぎの制作にお困りの方もどうぞ当社までご相談ください。また、インクジェット出力のプロフェッショナルとして長年培ってきた経験と実績により、用途や価格帯を考慮しながら綺麗な発色が出る仕組みのご提案もいたします。
最新の設備をそろえておりますので、品質にこだわる方もぜひお気軽にお問い合わせください。

インクジェット出力のプロフェッショナル POP-TSUJIMOTO[ピーオーピー辻本]お気軽にお問い合わせ下さい! TEL06-6644-3773
お問い合わせ無料お見積り

ddd


POP辻本のサービス大型インクジェット出力大型看板を作る商施設環境を作る手書き看板ラミネート加工カッティングシート
設備について技術について看板の種類についてメディアの種類についてインクの種類について
ご注文の流れデータ入稿Q&A会社情報無料お見積りお問い合わせリンクについてプライバシーポリシーサイトマップHOME

インクジェット出力のプロフェッショナル ピーオーピー辻本
〒557-0022 大阪市西成区中開1-3-32 Tel . 06-6644-3773  Fax 06-6644-3734
Url http://www.pop-t.com/ E-mail info@pop-t.com

Copyright (c) 2005 pop-tsujimoto co.,ltd. All rights reserved.